ポスティング

正しいポスティングチラシ作成

ポスティングサービスを利用した集客を考えるなら、チラシ作成段階においても地域やターゲット層が目を引くチラシ作りが重要なポイントです。

まずは、チラシを見た人の行動パターンをよく理解する事が重要です。そして次に興味を持って見てもらうこと事。すぐに『反響』が出るものもありますが、たとえそうでなくても、別の機会に「そういえばこの前のチラシに書いてあった!」と思い出させる事が重要なのです。

今、エンドユーザーにとって必要でない情報もいつかはそこから『反響』に転じるということもあるのです。

1. ターゲット、地域の特徴に沿ったチラシ作り!

特定のエンドユーザーの集客を狙うポスティングですから、ターゲット層の興味、趣向を良く理解し、大きくチラシに盛り込む事が重要です。
ターゲット層や地域の特徴がわからない場合は、事前にお問い合わせください。クラシードでは、チラシ作成段階からプロのアドバイスを得る事が可能です。

2. 独自のサービス、強みを関連アピール!

お店や商品の特徴・情報を地域やターゲット層に関連づけて訴求することで、さらに効果が期待できます。クラシードのマーケティング対応業種なら、その辺りもアドバイスできると思います。是非事前にご相談ください。『どのポスティング方法が、一番高い効果を得られるか』と日々模索中のお客様には、是非この正しいポスティングチラシを作成して、『反響』のある費用対効果の高いポスティングを実践して頂きたいと願っております。

3.黄金比レイアウトでユーザーの無意識へアピール!

人間のお顔でもマーケティングの世界でも今やお料理のレシピにさえ騒がれている黄金比。もちろんチラシレイアウトにも黄金比というものが存在します。
この黄金比は人間の意識しないところに訴求し、エンドユーザーがチラシを見た瞬間に「誰が読むべきチラシなのか」「どこのお店のチラシなのか」「読むとどうなるのか」と、自然に脳への指令が行きわたりその内容を明確に伝えることができるのです。

4.全体のイメージ色を統一したチラシ作り!

お店や商品の特徴・情報・サービスのイメージカラーはとても重要です。
たとえば「看護師募集」のチラシを制作するとします。その求人チラシの全体のイメージをつかさどる色を黒や紫にしたらどうでしょう。
まったく看護師のイメージにそぐわないですよね。やはりイメージカラーは「白」だと思います。
その企業や商品・サービスが持つイメージとエンドユーザーが抱くイメージを一致させなければ必ずイメージギャップというものが発生します。
ですからデザイン前には必ず「イメージのギャップ」が起こらないように気をつけながら配色を決めましょう。